FC2ブログ
「ホウ酸処理の第二人者」が、“正しいホウ酸処理”を広めるために日本全国を疾走中!
2009年10月08日 (木) | 編集 |
こんにちは。

日本ボレイトの浅葉健介です。



今日は台風18号の上陸で、ものすごーく風が強いですね。

わが子の通う小学校は臨時休校です。



さてさて、またかなり日にちが空いてしまい、もはや“月記”で恐縮です。

最近は工事が多く、ありがたく、忙しく働かせていただいております。



そんなある日。

打合せの帰り道に、アメリカカンザイシロアリで有名になってしまった街を約1年ぶりに調査しました。



車をコインパーキングに停め、歩くこと5分弱。

まず最初の糞の堆積を発見しました。

fecalfellet_1



あらら、だいぶ増えているのかなぁ。

なんて歩いていると、次から次と…。

fecalpellet_2

fecalpellet_3

fecalpellet_4

fecalpellet_5

fecalpellet_6

fecalpellet_7



軒先の糞の堆積は、氷山の一角です。

近隣とのトラブルを避けるため、まめに軒先の糞を掃除している人も多いと聞きました。

それでも小1時間歩いてこれだけの数です。



とりあえず真実を、とチャイムを押してお伝えすることにしました。

すると、留守宅を除くすべてが賃貸物件だったのです。



ははぁ、なるほど。

持ち家ならすぐに駆除ってなるんだろうけど、借りている、貸している物件だからそのままにして後回しにしちゃうのかな。

そして、そういうところから広がってってんのかな。

(実際に「家主さんに伝えて、必要ならこちらにお電話を」と名刺をお渡ししましたが、未だありません)

もしこの仮説が正しかったとしたら、行政主導で対策を打たないと収まらないような気がしました。



また、「ここらへんはまだまだ大丈夫」と思っていても、今日お隣に被害家具が持ち込まれるかもしれません。

予防が肝要であることを改めて認識させられたとともに、「これは忙しくなるな」と嬉しいため息をひとつ。

浅葉健介でした。



スポンサーサイト